会社設立の手続きまとめ

設立期間中の損益

設立までに発生した費用=創立費

法人の設立にあたっては設立登記費用、会社実印作成費用、その他の諸費用等が生じます。これら諸費用は、基本的には創立費として繰延資産に計上し、最初の事業年度以降5年間で均等償却するか全額最初の事業年度において全額一時償却するかどちらかとなります。

なお税務上は設立最初の事業年度の所得の金額の計算に含めて申告することが認められています。また、最初の事業年度において全額一時償却しないで任意の金額を任意のタイミングで償却することも認められいます。





設立以後開業までに発生した費用=開業費

会社の設立後、営業開始までに支出した費用を開業費といいます。創立費は会社の設立までに支出した費用であるのに対して開業費は会社の設立後に支出した費用である点で相違しています。

ただし開業費についても前述の創立費と同様に繰延資産として計上して均等償却または一時償却等するかは会社の任意となっています。






当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2011-2016 会社設立の手続きまとめ All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計決算書テンプレート
貸借対照表損益計算書税理士試験複式簿記電卓左手打ち


sitemap