会社設立の手続きまとめ

会社設立の事前決定事項

会社を設立するためには、事務的には発起人による定款の作成から始めることとなりますが、あらかじめ以下のような会社の基本的事項について決定しておく必要があります。ちなみに会社の基本的事項とは、定款の絶対的記載事項とほぼ合致します。



基本的事項

  • 商号(会社の名称)
  • 目的(会社の事業内容)
  • 本店(会社の所在地)
  • 発行可能株式数(授権株式数)
  • 資本金の額
  • 事業年度
  • 役員の選任(誰を取締役にするか)


商号について

商号とは会社の名称であり、会社の登記事項の中で一番重要なものと言えます。

この商号について旧商法では類似商号規制がありましたが、会社法ではこの規制が緩和されました。したがって類似商号についての詳細な事前調査は不要となりましたが、もしトラブルが起きた場合には自己責任となるため、同一市区町村で似たような名前の商号の有無程度は引き続き事前に調査しておく必要があります。







当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2011-2016 会社設立の手続きまとめ All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計決算書テンプレート
貸借対照表損益計算書税理士試験複式簿記電卓左手打ち


sitemap